Musician’s Instruments

ギタリスト nakaokaan氏のストラトを今回LightTouch激鳴りモディファイ! 早速、コメントをいただきましたので、ご紹介させていただきます。

[tip]<コメント>
ギターが手元に帰って来た時、その素晴らしさに感動しました。
物凄くリアルで説得力のあるサウンドに生まれ変わりました。
しかも凄く弾きやすいです。
広い帯域でしっかり鳴ってくれるので、トーン、ボリューム、PUでの音作りもかなり多彩になりました。
早速レコーディングでも使ってますが、発想の幅が広がり、お陰様でより良い作品作りが出来きそうです。
何より、ギターを弾くのが更に楽しくなりました。
ギタリスト人生の中で、凄く大きな出会いでした。
本当にありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。[/tip]


TSC>こちらこそありがとうございます。気に入っていただけて本当に良かったです。
今後ともよろしくお願いいたします。

ベーシスト 加賀円将 氏のFodera 5弦を今回LightTouch激鳴りモディファイ! 早速、コメントをいただきましたので、ご紹介させていただきます。


詳細はこちら

今回は、レコーディングで使用されるということで、急遽、LightTouch激鳴りモディファイを行いました!


今回は、ネックに少々問題がありました・・・・が、無事に激鳴り完了!
フレットレスとフレッティッドで、サウンドのニュアンスが大きく違っていて、驚きでした。

コブクロのツアーギタリストなどでご活躍中の福原将宜氏より、Martin D-28 のLightTouch激鳴りモディファイをご依頼いただきました。

スムルースのギタリスト 回陽氏よりコメントをいただきましたのでご紹介させていただきます。

[tip]<コメント>
早速、自宅で信じられないくらい弾いております。
気軽につま弾け、自然と楽器に接する時間が長くなって「しまう」のがまたLightTouchの魅力ですよね。
それはきっと、指にも耳にも、ずっと自然な感動と満足を与え続けてくれるからだと思っています。
単純に「音が太くなる」と言ってしまうことは、人によっては語弊を生んでしまう言葉なのかも知れません。
「音が広く、深くなる」というのが僕にとってはピッタリな言葉なのですが、施術前と施術後を例えて言えば、同じ音源をCDで聞くかレコードで聞くかという程の違いと豊満さが施術後にはあると思います。
そして極めてナチュラル。
今後使用していく楽器の、使用前の一番最初のケアのスタンダードになっていくことはもう間違いありません。
今回もありがとうございました!
またどうぞよろしくおねがいします。[/tip]

ギタリスト UTA氏からのご依頼で、TACOMA アコースティックギターをLightTouch激鳴り化! あわせて、2台の13ピン機器をフットコントロールするスペシャル・ボックスも製作しました。


詳細はこちら

少年カミカゼのベーシスト TETSU氏 限定バージョンのGeki-NARI-5 Light Ash をフルカスタマイズバージョンにて導入いただきました!

少年カミカゼ official web site
TETSU BLOG


詳細はこちら

スムルースのギタリスト 回陽 氏 Geki-NARI-ST 2008 Custom モデルを導入いただきました。

スムルース official web site


詳細はこちら

スムルースのギターリスト 回陽 氏 より オリジナル TEモデルのLightTouch激鳴りモディファイをご依頼いただきました。  その弾き心地やサウンドに「なぜ???(笑)」と高いご評価をいただきました。


サウンドは格段に「太く」、「のびやか~」になり、ステージでそのサウンドをご確認くださいませ。

各方面でご活躍中のベーシスト 福井ビン氏 よりアップライトベース Atelier CUB のLightTouch激鳴りモディファイをご依頼いただき、続いて、Bossaの5弦ベースと2連荘のLightTouch激鳴り化を完了いたしました。

Bingo Bingo 福井ビン オフィシャルブログ
facebook 福井ビン


詳細はこちら