Musician’s Instruments

GK内蔵から、ライトチューンと進んだ、清水 氏の5弦JB。 最終メニューの Custom PU も完成、搭載し、その存在感、まさに「激鳴り」の13ピン完全対応ベースに大変身しました。 CDで、ステージで、そのサウンドを体験してみてください。


詳細はこちら

クリアーなヌケと、レスポンスのよさを絶賛いただき、BALZAC Akio氏に、PROiX ベース・スピーカーシステムを導入いただきました。 組み合わされる、ヘッドアンプは、以前から使用されているAMPEG。 モディファイされて、超ワイドレンジになったベースサウンドの全てがロス無くアウトプットされ、一段とパワフルに!


詳細はこちら

ニューギターのベースモデルは、トップも非常に美しい、オベーションアダマス。 しかし、サウンドホールがちょうどコントロール位置にたくさん開いているために……。
しかしそこはTSC。サウンドホールの葉っぱのデザインにアイデア凝らして、「てんとう虫」のノブをワンオフ製作! GK PUも今回は、ボディーカラーのシースルーレッドにペイント! その出来映え、とくとごらんくださいませ。
詳細はこちら

ラックシステムを構築する場合に必要になるのが、パッチベイ。しかし、ニーズに合ったサイズや入出力の物がなかなか市販されておらず、困ることも多いですね。
今回、ギタリスト 長谷川洋三氏より、MIDI 1系統+フォーンを6系統以上の物で、サイズはハーフラックに収まるものというご依頼を頂き製作したのが、このパッチベイ。線材にも、高音質のOFCケーブルを使用し、もちろんグランドループも考慮した、設計で、7系統の入出力を確保しました。
[tip]<<長谷川 洋三 氏 プロフィール>>
デビュー後7年間ロスアンゼルスでスタジオ、セッションミュージシャンとして活動。帰国後はワーナー、エイベックス時代の松田樹利亜バンドに参加。その他、レコーディング、音楽学校の講師など幅広く活動している。今年、デビュー20周年を迎えるベテランギタリスト![/tip]

詳細はこちら

13ピンケーブルによる行動範囲の制約を改善する、スルーボックスを製作しました。13ピンの入出力とギター信号の入出力を、それぞれ2系装備し、ここが、ギター回線の中継基地として機能します。こういう小物がステージシステムでは非常に便利ですね。

 
13ピンジャックが2系統とその隣に、フォーンジャックが2系のスルーボックス。

 
少し特殊な塗装で斜めから見ると、スピードイエロー、正面から、または光が当たるとシルバーに光る。渋い?もの。

現在セッションワークやセミナーと多方面で活躍中のベーシスト、清水 玲 氏のメインフレッティッド5弦ベースに、Custom GK-2Bを内蔵。レスポンスと、プレイアビリティーの向上に加えて、その美しいルックス!やはり、シンプルにV-Bassを使いこなすが、最大のコンセプトです。 その出来映えは各地のセミナーやステージ等々で、ご確認くださいませ。 詳細はこちら

13ピン関連ではありませんが、人気のインディーズバンド、BALZACのベース、Akio氏のメインベースを超強力!カスタマイズ。
ハードなサウンドの中で強力な存在感が必要ということで、カスタムGMB PU を製作し、サウンド全体をリファインしました。 そのサウンドをLIVEでCDで確認してください。


詳細はこちら

今回、GTV-8EX-Rの導入とともに、各13pin機器のMUTE SW 等も追加し、一段とパワーアップした、Professorのラックシステム! 特にON/OFFスイッチはプレイアビリティーを考慮して、メインのMIDIコントローラー、GROUND CONTROL に隣接可能なスリムなサイズのフットコントローラーを製作! そのほか盛りだくさんの内容、一挙公開!
これがフルシステムの全貌!
足元のペダルボード、ラックシステム、グルーブチューブのギターアンプ、その上には、アコースティックギター&シンセ用のMayer System、アコースティック用のラックシステム。それぞれが、うまく組み合わせ可能になっている膨大なシステム!
詳細はこちら

VGといえばご存知、Jazz Guitarist 矢堀 孝一氏。かなり以前からGR-33Rを導入いただいておりましたが、今回、GTV-88Rを導入いただきました。そのメインラックをご紹介します。
ラック全体のビルドアップは、Custom Audio Japan の手によるもので、そのクオリティーも併せてご覧ください。
詳細はこちら

13ピンラックシステムも、ますますの進化を遂げています。今回は、今後のシステムアップにも対応した13ピン機器と、ギターの生出力用のカスタムラインミキサーを製作しました。
今回も、ノイズレス&音ヤセ無しがコンセプト! 1Uラックサイズのボディーには、MIDIのスルーボックスや、独立したレベルメーター等も内蔵し、13ピン機器のシステムには欠かせない逸品?です。

これが今回製作したStereo Line Mixer & Custom Controler。
ギター信号のミックス時に写真のようにブルーのLEDが点灯する。

詳細はこちら