Musician’s Instruments

コントロールはそのままに、スライドボリュームをピックガードに埋め込む形でシンプルにプリアンプを内蔵しました。


詳細はこちら

TSCに出入りしている、お客様の中でも非常にファンの多い、「山弦」の小倉 博和 氏。 エンドースギターメーカー、K.Countryからのご依頼を受けまして、PU回路のモディファイと、LightTouch激鳴りを施しました。


詳細はこちら

まずは、LightTouch激鳴りが完成していた、清水 玲 氏のクノーレン。 今回、真っ先に、最新のGKピックアップ BP-618を搭載!そのルックス&レスポンスに超満足頂きました!  ご本人のコメントも掲載しますのでご参考に。


詳細はこちら

依然人気の高い、Digitech TALKER 。13ピンパラボックスや、コントローラーを合わせて、1Uラックにノックダウン! やはりシステム化する上では、このスタイルが必須ですね。 V-Bass、GI-20を含めたラックシステムを構築されるとの事。 そのサウンド、プレイ、興味津々です。


詳細はこちら

KENSOのギタリスト、清水 氏からのご依頼で、チャンドラー・ストラトにGK-400を内蔵、搭載。 レスポンスとプレイアビリティーを追求すると、やはりこのスタイルです。


詳細はこちら

「VG伝道師」矢堀 氏の第二弾はピエゾde13ピン。


詳細はこちら

VG伝道師、矢堀孝一 氏からの、VG/GRのみの演奏時にJCアンプなどのリターンに入力可能な簡単なミキサーをと言うご依頼にお答えして製作したラインミキサーがこれ。 もちろん音ヤセ、色づけは排除した設計です。 こういうアイテム、なかなか、ありそうで無いもんですね。

  
ステレオ2チャンネルにそれぞれのチャネルゲインを装備。電源電圧も高めの設計で、VG/GRをワイドレンジにサポート。
もちろん、光ファイバー式インジケーターも装備!

シンプルなサウンド中にも、隠し味で、エフェクターを使用される、BALZAC アキオ氏。 以前は、某社のA/Bボックスを使用しておられましたが、エフェクト時の音ヤセを排除する目的で、その内部を一新! ケースのみを残して、音ヤセ・ゼロループと、3バンドプリアンプに入れ替えました。 非常に暗く、視認性の悪かった・・・LEDもTSCお得意の青色高輝度仕様にして、野外ステージでも威力を発揮! こういうアイテム、各社から発売されていますが、サウンドクオリティーを追及すると、やはりPROiXです。

 
非常にコンパクトなケースにミックスタイプのエフェクトループと、強力、3バンドプリアンプYMバージョンを合体組み込み。エフェクト時にもベースサウンド自体に影響を与えず、太いサウンドをアウトプット。3バンドプリアンプは、特にワイヤレスシステムを使用した際の音色補正に大きな威力を発揮する、カスタムチューン。

VGといえばまさにこの方。矢堀孝一 氏の DEVISER カスタムギターにPROiX GK-400を内蔵、搭載。あわせてギター本体に激鳴りセットアップを。矢堀氏ご本人からのコメントを頂いておりますので、そちらの方をごらんくださいませ。


詳細はこちら

清水玲 氏 所有のKnooren フレットレス6弦ベース、今回、ピックアップもワンオフ製作し、プリアンプもPROiX 製の3バンドに換装。 その後、激鳴り!セットアップを施し、清水 氏の、非常にダークで、染み入るように、ヌケるサウンド??が出るようにというリクエストを実現すべく、パッシブトーンも吟味して追加! そのサウンドたるや、恐ろしいばかりの説得力で完成しました。 そのサウンドは、ステージやCDで皆さんにも聞いていただけると思いますので、ご期待くださいね。

詳細はこちら