ボサノバシンガー、Natuko 氏のカバキーニョ、激鳴り完了!!

LightTouch激鳴りのジャンルを越えた反響をさらに一歩!前進させるかのごとく、ブラジルの弦楽器、「カバキーニョ」の LightTouch激鳴り化を清水玲 氏 とともに、プレイされる、ボサノバシンガー、Natuko 氏 から依頼され、一大チャレンジ! 果たして、その出来映えは?? ご本人様からのコメントをご覧ください。





ウクレレより少し大きいサイズで、つくりはほとんどギターと言う感じのしっかりとしたものでした。
ピックアップシステムもお得意のワンオフメイドによるもの!サイズが小さいので内臓も大変・・・・。

<Natuko 氏のコメント>
「木寺さんは、魔法使いだったんですネ!」
「こんな楽器、あったらいいなぁ・・・」と考える物って、だいたい実際に作るとなると、なかなか大変なものらしく、大抵職人さんには困った顔をされてしまい、無難なせんを勧められる事が殆んどです。そこそこいい物や高価な物は得られたとしても、それは自分が求めていた物とは別物なんですよね。
元の楽器のレベルに関係なく高級な楽器に、完全に生まれ変わっているだけでも凄い事なのに、相当ワガママな注文にノリノリで答えて下さって、しかも柔軟な発想と豊富な知識で、更に色んなアイディアを聞かせて頂きました。いっそ、まるっきりの自分の理想を一度整理して、創作楽器を作って頂きたいなぁ・・と思える職人さんに初めてお会い出来た事を心から感謝しております。


<清水 玲 氏 のコメント>
こんな小さな楽器まで激鳴りになるなんて!!
というのが、TSCカスタム・カバキーニョを耳にした瞬間の僕の正直な気持ちです。
弾きごこちなどの全体的な感想はNatukoさんのコメントを読んでいただくとして、僕の方は、『共演者が感じた』音に関してのレポートをさせていただきます。
まず特筆すべきは、強力に弦高が低くなったことによってプレイヤビリティーがアップしたことですよね。僕も少し弾かせてもらいましたが、こんな小さい楽器でも速弾きやタッピングをプレイ出来たのにはびっくりしました。音質的には、TSCカスタムのベースやギターと同様、『激鳴り弦楽器』の典型的な音で、その音はあくまでも太く伸びやか。ピックアップからアウトプットされるサウンドは、まるで良質のガット・ギターの音のようでした。目を閉じて聴いたら、そんな小さな楽器だとは誰も想像しないでしょうね。 「TSC激鳴り」は楽器のスケールを選ばないんだということがはっきり証明された感がありますね。
これに気をよくしたのか、現在Natukoさんは前人未踏のMIDIウクレレの導入を検討なさっているようです。激鳴りカバキーニョ&素敵な声の共演・・・なんて贅沢なんでしょうか。TSCテクノロジーとタッグを組んだ今後のNatukoさんの活躍が非常に楽しみですね。
僕は今回、TSCカスタムのテクノロジー(技術)として間違いなく存在していることを確信し、しかもそれがどんな弦楽器にも通用するものであるとわかりました。
皆さんも、「この楽器はさすがに鳴らないだろう。」とあきらめる前にぜひTSCに相談してみてはいかがでしょうか?胡弓でさえ激鳴りしそうな勢いなんですから!?