このサウンドまさに究極!清水 玲 氏のKnooren!

清水玲 氏 所有のKnooren フレットレス6弦ベース、今回、ピックアップもワンオフ製作し、プリアンプもPROiX 製の3バンドに換装。 その後、激鳴り!セットアップを施し、清水 氏の、非常にダークで、染み入るように、ヌケるサウンド??が出るようにというリクエストを実現すべく、パッシブトーンも吟味して追加! そのサウンドたるや、恐ろしいばかりの説得力で完成しました。 そのサウンドは、ステージやCDで皆さんにも聞いていただけると思いますので、ご期待くださいね。



<清水玲 氏のコメント>

僕が最初にカスタマイズしていただいたフェンダーベースは、ハムバッキングピックアップとパッシブ回路の組み合わせでした。今回は違う組み合わせを試してみたいと思い、シングルコイルGMBピックアップとPROiX 3バンドアクティブサーキットを搭載していただくことにしました。ピックアップは前回と同様、サイズや各弦の間隔を完璧にあわせてワンオフ作成してくれたので、ボディ加工なしで取り付けることができました。このベースを手に入れてから一度も使ったことのないフロントピックアップも撤去し、かわりにダミーのピックアップカバーをトップ材に似た模様の木材で作っていただきました。楽器に無駄な加工を強いない、きめ細かいカスタムワークには毎度のことながら感動してしまいます。このことは今回のレポートでも大きく強調したいところですね。こういうことは楽器メーカーのエンドースを受けないかぎり、ここまで柔軟な対応はあり得ないでしょうから、アマチュアの方には夢のようなことではないでしょうか?

さて、音の方はといいますと、まず驚いたのはフレットが付いているかのようなメタリックな質感でした。スラップやピックで演奏してみたくなるような音がフレットレスベースから出てくるのですから正直ビックリしました。フレットレス特有のダークな音色も試してみようと思い3バンドのコントロールをあれこれいじってみました。するとアクティブサーキットのバッファー効果でしょうか、トレブルを抑えてもシャキッとした独特の質感が残っていました。その派手なサウンドも魅力的でしたが、ただ僕としては以前からフレットレスベースを中心に演奏しているなかで、フレットレスの音色には強いこだわりがありました。求めていたのは鉄弦が発信源になっていることを感じさせないようなスムーズなトーン、液体のような質感でしみ込んでいくような粘りの強いサウンドです。 さっそくTSCさんに電話で相談したところ、パッシブの切り替えをつけてトーンコントロールをつければ良いとの結論が出ました。それだけではなくトーンコントロールの効き具合も僕の好みにデザインすることができると提案してくださいました。以前からトーンを絞った音をメインに使っていたので、期待に胸をふくらませながらTSCさんを訪れました。

トーンコントロールを付けたあと音を確認しながらの調整が始まりました。TSCさんが回路に手を加えるたびトーンゼロのサウンドに様々なバリエーションが生まれ、何度か試すうちにこれだ、と思う状態が見つかった時には興奮しましたね。どのような技術を使ったのか僕にはわからないのですが、短時間でこのような劇的な変化を生み出せることには心底驚かされました。結果、ワンピックアップながら恐ろしいまでのサウンドバリエーションが手に入ったのです。

パッシブトーンがゼロのときはMINIMOOGのフィルターを絞ったようなダークなサウンドが、アクティブサーキットをオンにしたときはフレットレスとは思えないメタリックサウンドが、トーンノブをプル・プッシュするというワンアクションで切り替え可能な回路に変身したのです。今回のことでもTSCさんにはとても感謝しています。なにしろ御自身のイズムを曲げず、なおかつユーザーの要望にも確実に答える姿勢に感銘を受けました。もしTSCでカスタマイズをオーダーしたりオリジナルベースやギターを作る時、自分の求める音や使い心地をしっかりとリクエストできれば、納得のいく結果が得られるのではないでしょうか? 現在進行中のGKまわりのカスタマイズも完成次第レポートしたいと思います。


 
今回、カスタマイズのポイントは、生音周りの超激鳴り化! GK部分は現在PUを開発中なので、完成後に直ちに換装することに。その部分も乞うご期待。

 

  
コントロールは、ベースポットのPUSH/PULLでパッシブトーンも実現! このサウンド、本当に間近で、体験していただきたいですね。プリアンプはもちろん音ヤセゼロ! 超Hi-Fi PROiX 3バンド Mバージョン。そのサウンドは、巷のフレッティッドベースも必ず舌を巻くであろうほど、ウルトラクリアーな爆裂サウンド。清水氏からは、「すごすぎるサウンド・・・」とのご評価をいただきました。 もちろん、弦は、PROiX Custom弦(6弦セット)。
フロントPU部分は、TOP SECRET ?! ボディーの木目とつながりもスムースな”トラ杢シナ材”で製作。 NEW GK 搭載時に同色ペイントを施す予定。
リア側は、今回カバーから木材削り出しにて、ワンオフ製作したGMB-6S Rei Special そのワイドなレンジはこれ以外には無い!という感がある逸品!

 

 

 


確かな激鳴りを確認しながら、試奏中の清水 氏