“Professor” 渡辺 香津美 氏の、13pin周辺機材を製作

Professor 渡辺香津美 氏から、ご依頼いただきました!

今回、ギタリストの渡辺香津美氏より、13ピン周りのラックシステム、ならびにombat Guitar、Ovationの13ピン改造をご依頼いただきました。
その詳細を、ここにご紹介させていただきます。



【金さんギターの13pin改造】

改造前の金さんギター
改造前の金さんギター

改造後の金さんギター
改造後の金さんギター 

 
コントロールは綿密な打ち合わせの結果、上記のレイアウトに。プレイヤビリティーを最優先し、かつ、美しいルックスがご希望。

  
まず第一のトライは、13ピンジャックを90度回転させた形で取り付け、L型13ピンケーブルがエンドピンに向く構造とすること。
ボディー厚がぎりぎりなので、精密なジグを製作することから始まり、ギターアウトのジャックとのコンビネーションプレートを製作し、実現しました。これにより、13ピンケーブルの取り回しが非常にスムースになりました。

  
今回、ボディカラーを意識して、製作した、各パーツのアップフォト。
【写真左】ゴールドに塗装されたGKピックアップ。
【写真中】コードホルダーの部分も、邪魔になるので、アルミ材で製作。非常にスマートなスタイルのGKが完成!
【写真右】左の写真は、ノブをゴールドに塗装したS1/S2スイッチ。さりげなく、目立たないが、操作感は抜群!

  香津美さんの、トレードマークのサイコロノブも実際のサイコロから製作!

  お決まりの、青LEDも光ファイバー埋め込み式でアーチトップのボディーにフィット!
特に今回は表面に鏡面研磨を施し、一段と、シャープな閃光を放っている。

 
ヘッドの裏側には、おなじみのロゴマークが




 

【Ovation にGK改造】

急遽決まった、OvationのGK内蔵改造! 非常に巻きの作業でしたが、無事に完成!

gk2ah
改造前の状態。GK-2AHのホルダーに苦労の跡が・・・


内蔵改造後の状態。GKのドライブにはTSCのカスタムサーキットを使用しました。


コントロールのレイアウト。ココにも、サイコロノブが装備されている!

 
13pinアウトも、まさに最初からあったかのような仕上がり・・・
ヘッドの裏側には、おなじみのロゴマーク




 

【ラックシステムの製作】

GR,VGのラック化だけでなく、AXONも含めた、システムコントローラーもワンオフ製作!

 
香津美さん仕様のギターシンセユニット、GTS-33R(GR-33)   裏パネルの右側にHOLDとP-GLIDEのフット端子を増設。


こちらは香津美さん仕様のヴァーチャルギターシステム、GTV-88R(VG-88)

 
こちらが今回の目玉、13pin Unit Selector & Custom Controler。
2本のギターのセレクト、4台の13pin機器のコントロールが可能で、専用のフットSWで、各ユニットをリモートコントロール可能なシステム。


今回、ワンオフしたフットコントローラー。インジケータは当然「ブルー」。2つのジャックは、GTS/GTVのCV端子。


今回製作した注目のRシリーズ3機種!


今回コントロールされる、3台の13pin機器。(AXON AX100/GTS-33R/GTV-88R)




 

【ラックシステムの全体】

システマチックに組み込まれたRシリーズ! 他の機器との、組み合わせも非常にスムースです。

 
システマチックに組み込まれたRシリーズ! 他の機器との、組み合わせも非常にスムースです。

 
フットボードと組み合わされた13pin関係のラックシステム。
実際のLIVEステージで、目で耳で、そのサウンドをお確かめください!