森岡 慶 氏 テレキャスター LightTouch激鳴り完了!

第一弾は、Fender USA テレキャスターをLightTouch激鳴り!




<コメント>
TSCの激鳴りについてベースの清水君から『とても素晴らしい楽器に仕上げてくれる』と度々聞いていました。
しかし僕は性格的に僅差というのが嫌いで、明らかに変化が無いとやる意味が無いと常に思ってました。
今まで色々な方に楽器を診てもらいましたが、思ったほどの結果は得られずここ10年以上楽器を修理に出した事は多分無かったと思います。
素人で話になりませんが、自分でやる方が気分的には安心出来ました。
しかし、今回清水君の凄まじいプッシュに押され(笑)
今回久しぶりに楽器を送ってみる事にしました。
まずは結果ですが・・・本当に驚きでした!
僕がいつも思っていることで、どうしても解決出来なかったことがあったのですが、その全てをほぼ解決してくれてたのです。
ギターが戻ってくるまでは半信半疑だったのですが、ケースを開けてギターを持った時に『何かが違う!』と感じたのは、清水君ともよく話しているのですが、弦高(アクション?)がとてつもなく低くなっているんです!
僕はこの時点でかなり嬉しかったです。
楽器は絶対に弾き心地の良さがないと話になりません。
個人的には音はその次です。
『音を良くするならある程度弦高を高く』みたいな発想が多い中、こんな大胆なセッティングで戻ってきたのは初めてです。そして僕はこれをとても望んでいました。
もちろんそれだけではなく音もしっかりと鳴っているし”ペチペチ”にならずとてもバランスの良さを感じました。後で聞いたのですが弦高は自由にセットして良いそうで、ここがスタートなら激低から激高まで色々自分にあったセッティングが出来て良いですね。
そしてアンプに繋いだ時にまた驚きました。常に問題だった1弦~3弦(細い弦)の音が低音弦と上手くバランスがとれていて、弦をフルに使用するコード等で問題だった高音部の音もしっかりと鳴るようになりました。
今回の僕のメインのオーダーはそこだったので、非常に嬉しい結果でした。
その後、バンドの中でも使ってみましたが、非常に音がデカイ!(良い意味で)抜けも良くなっているのがわかりましたし、ギターを弾いている時になんとも言えない心地の良いバイブレーションを感じました(大袈裟かもしれませんが、感じました)
とても嬉しい結果ばかりでした。
安心感があるので、今はこれしか使わなくなってしまいました(笑)。
ありがとうございます。



シンプルなテレキャスターもスーパーマシンに大変身!


ネック裏には、LightTouch激鳴りの証が。