清水 玲 氏 クノーレン、最強のNEW GK搭載完了!

まずは、LightTouch激鳴りが完成していた、清水 玲 氏のクノーレン。 今回、真っ先に、最新のGKピックアップ BP-618を搭載!そのルックス&レスポンスに超満足頂きました!  ご本人のコメントも掲載しますのでご参考に。


<清水 氏 のコメント>

TSC最新作の「新型GK2B」をクノーレンベースに装備していただきました。
高まる気持ちを抑えつつV BASSにプラグインしてみたところ、まずはそのゲインの高さに驚きました。このままだとGKセッテングのセンシティビティーの値が高す ぎてすべての弦がオーバーロードしてしまうので、徐々にゲインを下げていくことに しました。ところが半分の値に下げてもオーバーロードしつづけるのでさらに下げ続けてみると、なんとすべての弦のセンシティビティーが20前後という値まで下げてようやくバランスがとれるという状態。今までの常識では到底考えられないことです。何しろ100まであげてもピークに達しない弦があったのですから。次に、使い慣れたすべてのパッチを呼び出して音を聴くとさらにビックリ。なんと格段に音が太くなっていたのです。それだけではなく、ノイズサプレッサーでは除去しきれなかったノイズが全く問題にならないほど抑えられていたのです。

それから時を忘れ、いろいろなパッチを試してみたところ、ウッドベースのモデリングのアタック部分における反応の安定度、オシレーターシンセの追従性、チューナーの精度などさまざまな機能の安定度が飛躍的に増していることがわかりました。まるでV BASSやGI-20がバージョンアップしたような感覚です。

まさにV環境やGRを知り尽くしたTSCさんならではの大技といえるでしょう。13ピン環境を使用しているベーシストがこれを装着しないことは大きな損失であると言い切れます。GKピックアップを大切な楽器に「ネジ留め」することを躊躇している方に申し上げたいのは、このピックアップをつけることが、ネジ穴を2ケ所開けることを代償にしてあまりある無限のメリットを生み出すのだということです。


 
この、さりげないスタイル!いかがですか?清水 氏いわく、ピックでの演奏時にGK-2Bのコントローラ部分が非常に邪魔になったのだそうです。 最新のスーパーGKも内蔵され、プレイアビリティーは一挙に向上! 激鳴り+最新GKピックアップ+スペシャルドライブ回路 の3点セットによるレスポンスは、生コメントの通り!
今回、同時に、スペシャルGMB-6 Rei Special PUのトップにストライプドエボニーをラミネイト! より、渋いルックスとサウンドが実現した。

  
哀しいまでに美しい出来栄え。お決まりの13ピン出力は、ボディーサイドにきっちり加工!