ギタリスト 回陽氏のGuitar Preamp  HRP-2G

今回製御作したのはギターシステムに組み込むためのPreamp   HRP-2G
アウトボード・プリアンプとしてだけでなく、パワーアンプを駆動するヘッドアンプとしての
使用が可能。
コンパクトなルックスからは想像できないポテンシャルを秘めています。
早速、コメントをいただきましたのでご紹介させていただきます。
t_DSCN7196 t_DSCN7194

<コメント>
このプリアンプが届いてから、一回のリハと一回のライブにて使用いたしました。

まずリハにおいて、出音の音量に関わらず充分なレンジが確保でき、刻むようなフレーズでも
軽くミュートしたフレーズでも、リハのあいだ背中に構えた自身のアンプからずっと背中を
ノックされるようなこの「スピーカーが鳴る」感覚を覚えました。

激鳴リストのみなさまならわかると思うのですが、あの、軽いタッチでもボディーが震える
あの感覚が、そのままスピーカーからも再現されていると言えば伝わるでしょうか。

その弾き心地の良さはヤミツキになります。

またライブにおいても、ギターとして必要な部分は抜け、そうでない部分は他の楽器との調和を
はかってくれるという、ボーカルを含め他の楽器を損ねない位置関係を築いてくれます。
(後に映像チェックをしましたが、ギタリストとして贔屓目に見ても、その存在はバカでかく
「そこ」に存在していましたが笑)

これはまた弾く楽しみを膨らましてくれました。

激鳴り=楽しい・気持ち良い=ずっと弾いていられる

この公式がさらに完成度を増して僕の手元に届きました。

この度も最高のアイテムをありがとうございます!

TSC>こちらこそありがとうございました。 今後ともよろしくお願いいたします。
t_DSCN7241 t_DSCN7236